読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

♡ありのままのゆかでいい♡~看取り士取得に向けて勉強中~

●○●私の1番の理解者はいつも私自身●○●

【スノーボードの大会に無事終わりました☆】

スノーボード 自分とは

テク選、終わりました!

フリ-スタイル女子27名中12位 合計得点777点

自分なりに自分の滑りを出し切れました。
全日本には行けなかったけど、今の実力です。

くやしーーーい!


勝負の世界って
結果が全てだからさ
やっぱりその1本に
全てがかかってるんだよね。


普段どれだけ上手く滑れてても
普段どれだけ板に乗れてても
普段どれだけみんなに褒められてても


本番のその1本でどれだけ自分を表現できるか

それにかかってる。


点数が付くのはその1本だから。


もちろん人が点数つけるものだから
少なからず好みはあるけど
基本的には厳正公正な目でジャッジされる。


まー自分の滑りを出し切った私は
それが今の実力なので
これ以上でもこれ以下でもないけどね!


去年に比べると点数的にも
自分かなり上達できてたんだけど
同じよーに周りも上達してるから、
かなり飛躍しないと
周りを抜かせないなーって思ったりね。


勝負の世界って、負けても当たり前
勝っても当たり前!
最後まで諦めずに自分を信じきれる精神力が
とても求められたりするんだよねー!


こーゆーのってさ、きっとセミナーもかでも
言えるよね。


ただセミナーは失敗してもリカバリーできるってゆーメリットあるよね!


スノーボードの大会は
失敗したり転んだりすると
点数がガクッとさがってしまうけれども、
セミナーなら間違えても言い直せばいいとか、
間違えても訂正すれば良いとか
そーゆーところでね。


てかむしろセミナーって
間違ってるとか間違ってないとかじゃなくて
セミナーを受ける側にとって
合うか合わないかが
大事になってくるだけであって
間違ってるとかそーゆーのは
関係ないのかなとも思わなくもないけどね。


だからこそ集客する時に
どんな人に聞きに来てほしいのかを
明確にしておくことが必要なんだよね。


スノーボードのインストラクターでも
同じことは言えると思うんだ。


スノーボードスクールのお客さんは
スノーボードが上手くなりたい人。
スノーボードを楽しみたい人。


初心者はボードに慣れることをまず目標にしてるし、初級者はターンをすることを目標にしてる。

ターンができたらその後は
カービングしたい人
グラトリしたい人
パーク入ってみたい人
みたいに分かれてきたりもする。


その人の目標を達成するために必要な知識やコツをお伝えできるインストラクターが必要なわけです。


そしてさらにその人にあうやり方
見つけてあげるお手伝いをする役割なのが
インストラクターだから。


お客さんとコミュニケーションとる中で
アドバイスが合わなかったりすれば
違う方法を提案することもできるしね。


だからスクールもどんな人に来て欲しいのか明確にする必要があるけど、ある程度のレベルの人は自分がどうなりたいのか、何がしたいのか知っておく必要があるってこと。


そうじゃなきゃ、スクールは基本的にレッスン内容をカービングにもっていくよー。
だってみんな得意としてるから(笑)


私もその1人だな(笑)


ただ、昔グラトリも多少やってたし
パークも好きで入ってた(今はやらなすぎて若干怖い)から、楽しむことはできるけどー。


私を好きでいてくれて教えるなら大歓迎♡


スノーボード教えて欲しい人は連絡ください♡


色々書いたけど
それぞれで感じてもらえたら嬉しいです😊✨


あと、LINE@で明日の20時に
テク選で滑ったミドルターンを公開しまーす。

見たい方、登録してみてください♪

*********************

グチゆか公式LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40bkc9887y
(ワンクリックで無料登録・無料解除できます)


看取りの話や自分の話、スノーボードの話などしてます。特に今は看取り士になるために勉強中なのでそれについて書くことが多いです。
気になる方は登録してみてください。そして色々話しましょう!
*********************