読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

⚫⚫そのまんまのゆかの場所⚫⚫~看取り士ゆかのブログ~

●○●私の1番の理解者はいつも私自身●○●

【私は旦那にあたしが思い描いてた幸せをあげれない存在なんだと自ら気付いてしまった話】

大変です!!


今朝方、とてもとても大きな
ビッグイベントに
直感
で申し込みをしてしまいました。

そしてここから私
大きく動いてやる!


と覚悟したところだった!!!



なのに、なのに、なのに!!!


別件の大切な用事が
その日程に被っていることが
後で発覚!!!


それは毎年目標としている
スノーボードの大会が
予定されている日でした。
まさに私のの舞台です。



今悶々としてます。


直感をとるか、を取るか。



私の直感は優れているから
直感を信じるとかなり成功してる。


そして夢はもう夢だし目標だから。
あって当たり前すぎて、なくなることが考えられないもの。


だからこそ
どっちをとっても後悔はしないし
選んでよかったって
本気で思うのはわかってる。



そしてお金の面に限っても、
どっちも高くて大変だけど(笑)
どっちもお金に替え難い
自分なりに最高の価値を感じる
ワクワクするもの!!!


ほんと魅力的。
選べない。。。。



そして、悶々と

『なんで同じ
タイミングなんだーーー!』

って意味なく自分を責めてみる(笑)



そこで私は

『なんでこれらが
同じタイミング
起きてしまったのか』

を本気で考えることにした。


なぜか。


①私が今まで追い求めていた
せと直感について
今1度立ち止まって
本気で考えなさいって
今がそのタイミングだよって
私自身が教えてくれている
と考えた。


あなたはあなたの意思で
旦那を幸せにして
あげれるよーな存在ではない
んだから諦めなさいって
気付かせるために
おきたものだと考えた。


については長くなるのでまた明日書きます。


について。

つまりは、もうすでにあなた自身に価値があるんだから、旦那があなたにくれる幸せを、同じのように返さなくても良いんだよってこと。

だって、あなたが旦那といることで感じる幸せは、もしかしたら、旦那があなたにあげたいと思ってる幸せとは違うかもしれないでしょ?
そして違っていたとしてもあなたはあなたなりの幸せを感じるでしょ?

それこそがあなたの幸せの価値なのね。

同じように旦那は旦那なりに、あなたといることの幸せという価値を見つけてくれているんだよって。

だからほっといて大丈夫ってこと。

ほっとくっていうのはお互いの尊重と信頼ありきでのほっとくね。
無視とかはだめよ(笑)





ていうこと。
それに気付けた。


でもね、やっぱりショックだょね。


大好きな人なのに
大切な人なのに
私は私の思い描いた幸せを
旦那にあげれないなんてさ。


新婚なのに(笑)


しかも動きたくなると止まれなくなる。
でも旦那も大事。
それ以上に自分が大事。


そんな止まれない自分。
それも自分。
久しぶり思い出してしまった。



あとは、ここで考えた、それぞれの幸せの価値観についてパートナーと腹をわって話すことは大切だなーーーーって思った。


今特に伝えたいと思うことは

①本当ににやりたいことは自分の思い通りにやりたいと思ってしまう自分がいるってこと。

②そしてとめられなくなっちゃうよーってこと。

③そして相手を尊重したいのにできないって思ったけど、でもあたしなりの尊重するって、まずはじめに旦那にどう思うかの意見を聞くことだと思ったこと。

④あと、あたしは旦那を幸せにしてあげられないって気付いて悲しかったってこと。

⑤でもあたしは旦那といれることそのものが究極の幸せであること。



それを言ったうえで旦那の幸せの価値を聞いてみたいと思う!

よし、腹をわって話そう!!!!


次会えるのは12月17日(土)なので、
結果は土曜日か日曜の夜に♡


この考えるキッカケを与えてくれた
私の直感に感謝!(笑)


ついでにこれ!

****************
教えない介護インストラクター
グチゆか公式LINE@のご案内
****************
介護のプロとして、知識はあるけどあえて教えません。それは、話をする中で、『自ら気付く』ことがたくさんあるから。
そして介護の現場でも、『自ら気付く』ことが現場でもっとも大切だから。
教えられたことは、なかなか現場で活かすことはできなきけど、自ら『気付いたこと』は現場で活かせる。もっと深く介護のことを知りたい人は、LINE@へ登録してください。無料なんで、よかったら。

グチゆか公式LINE@はこちら
https://line.me/R/ti/p/%40bkc9887y

ID検索 : @bkc9887y(@を忘れずに)